どろあわわ|大豆アレルギーだけじゃない!危険成分を知って安全に使おう!

どろあわわは天然の泥を使用して作られた泥石鹸です。

その強力な洗浄力から

  • 毛穴の汚れ
  • 毛穴の黒ずみ
  • 角栓
  • イチゴ鼻
  • シミ

などに悩みを抱える人に爆発的な人気を誇っているんですね。

ですが、ネットを見てみると大豆アレルギーの人は危険!なんて言われていたりするんですね。

美肌を目指していたはずが、アレルギー症状が起きてしまっては正直笑えません

 

なので、この記事ではどろあわわとアレルギーについて詳しくご紹介していきます。

 

どろあわわの成分は大豆アレルギーに関係あるの?

アレルギーですから、問題はどろあわわに含まれている成分という事になりますよね。

まずは1度どろあわわに含まれている成分をチェックしてみましょう!

 

↓どろあわわ 全成分

水、グリセリン、ベントナイト、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ジステアリン酸PEG-150、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、海シルト、タナクラクレイ、アスペルギルス/コメ発酵エキス、加水分解コンキオリン、乳酸桿菌/コメヌカ発酵液、シロキクラゲ多糖体、サクシノイルアテロコラーゲン、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

基本的に成分表を見せられて「あっ!この成分はっ!」なんて気付く人も少ないと思います。

当然、この記事を書いている私も調べなければどんな成分なのかすら分かりません笑

 

なので色々とどろあわわに含まれている成分について調べて見たんですが、

豆乳発酵液

って成分が含まれています。

豆乳発酵液は

  • 肌機能の活性化
  • お肌のハリ・ツヤup
  • 保湿効果

などに期待され、配合されている成分です。

こう聞くと、美肌に力を貸してくれそうな良い成分って思うかもしれませんが、実は注意が必要な成分だったりするんです。

 

豆乳発酵液の原材料は「大豆」です。

一般的には安全性は高く効果に期待出来る成分って事になっていますが、大豆アレルギーの人にはもちろん危険成分ですよね。

なので、美肌を目指して評価の高いどろあわわを使いたい気持ちは分かりますが、大豆アレルギーの人は使用を控えましょう!

 

どろあわわは大豆アレルギーの人以外でも注意が必要!?

上記でご紹介した豆乳発酵液は当然大豆アレルギーの人が使ってはいけない成分です。

「私は大豆アレルギーじゃないから安心して使える♪」

って思った方、まだ注意が必要な成分があるので安心するのは早いですよ!

  1. コメ発酵エキス
  2. コメヌカ発酵液

どろあわわには上記の2つの成分が含まれています。

名前からも分かると思いますが原材料はお米。

当然、米アレルギーの人は使えませんよね^^:

 

なので、残念ながら「大豆アレルギー」「米アレルギー」の人は素直にどろあわわを諦めた方がいいでしょう。

どうしても使いたい!って場合は絶対に自分で勝手に判断しないで下さい。

お医者さんに相談して「大丈夫」という返答を頂いてから安心して使用してくださいね^^

 

とはいっても、「良い石鹸」はなにもどろあわわだけではありません。

他の商品を探してみるのも一つの手かもしれませんね。

 

アレルギーの人以外は使って平気?

基本的に化粧品やスキンケア・洗顔料などは「すべての人が安全に使える」って訳ではありません。

一般的には安全とされている成分でも人によっては苦手って人がいるからなんですね^^:

長年コスメなどを使用していれば「自分が苦手な成分」位は分かってきますが、それでも新しく使ってみる商品ではパッチテストは必須だと思います。

 

 

※パッチテストとは※

病院などで塗り薬などを処方される際などに行われるテストです。

やり方は太ももの内側・二の腕の内側など、「皮膚が薄く、普段は目立たない位置」にどろあわわを塗ります。

包帯やガーゼで保護し、12時間ほど様子を見ます。

どろあわわを塗った位置に肌荒れやトラブルが発生してしまった場合は使用を中止してください。

トラブルが無ければ安心して使用する事が出来ますよ^^

 

 

 

 

●オススメ記事●

どろあわわ|解約出来ないってマジ!?リニューアルに隠された罠とは?

どろあわわ|たるみ毛穴は毛穴の開き+お肌のたるみ!一発で改善する方法がある!?

どろあわわは返品出来ません。絶対に損しない購入方法教えて下さい。